大相撲幕内優勝力士贈呈の福井梅

※キャッシュレスポイント還元の対象はクレジットカード決済のみです。


福井県産 紅映梅の特徴

▲福井梅の代表品種「紅映梅」

  • 紅映というその名称のとおり、青梅の表皮が熟するに従って鮮やかな紅色に染まり、芳香を放ちます。
  • 種が小さく、果肉が厚いという特徴があります。(果肉歩合91.5~93%)
  • PHは2.7程度と中くらいで、酸含量は4.6%前後と程よい酸っぱさです。
  • 梅干に加工するのに適した品種で、「紅映梅」からつくる梅干は、果肉がやわらかく繊維のすくないおいしい梅干ができあがります。

福井梅には「紅映」のほかにも、梅酒用としてすぐれた「剣先」、梅干し専用種の「新平太夫」があります。いずれの品種も当地区で選抜育成されたものですが、福井梅の代表品種は「紅映」で、一般に福井梅というと紅映梅のことを指します。

福井梅の栽培状況

福井梅の栽培面積は、昭和55年頃までは260haほどでしたが、昭和56年より福井県の福井梅振興事業が始まり、平成12年には約2倍の518haになりました。(全国第9位)

※全国の主な梅の産地(平成13年度)
府県別結果樹面積(ha)収穫量(トン)出荷量(トン)
合計17,400123,000105,800
青森3192,6602,250
宮城5221,640983
福島5922,2101,260
茨城5891,150576
群馬1,33010,6008,890
神奈川4551,6501,390
福井5083,1202,870
山梨5812,2101,880
長野7714,0703,440
奈良3353,1702,980
和歌山4,31066,40064,800
徳島3823,2202,420
福岡4932,0601,440

ページトップへ